初心者ブロガー要注意!アクセスアップを妨げる「たぶん、やってはいけない」3つのコト

ブログ・アフィリエイト

貴方は知らず知らずのうちにアクセスアップを妨げる「やってはいけないこと」をやっていませんか?

ども、TENです。先日ブログ開設1ヶ月での結果報告記事を投稿しましたが、その中でアクセスアップを妨げる原因となった「愚かな行為」についてちょっと取り上げました。

恐らくこれらやっては行けない行為を頻繁に繰り返したことにより、サイトの評価が下がり、検索流入の減少につながったと考えられます。

この記事では、誰しもがついついやってしまいがちな3つの愚行について注意喚起すると同時に、己の記憶にもしっかり焼き付けたいと思います。

スポンサーリンク

自分のGoogleアカウントで頻繁にサイトにアクセス

初心者のうちは(僕もそうですが)自サイトの体裁がどうなっているかが気になるあまり、頻繁に確認をしがちです。

その結果PVなどは増える訳ですが、サイトを立ち上げて間もない低いPV状態だと、全体に占める自分のアクセスの割合がとても高くなってしまいます。

確認はプレビューか、アナリティクスで

その結果、Googleに自演系のアクションと捉えられる可能性が高まります。

記事の確認は出来るだけ「プレビュー」で行うようにしましょう。

もしくはGoogleアナリティクスを使用しているなら、アナリティクスの「行動」→「ページ解析」で確認するようにするとページの検証も行えて一石二鳥です。

自分の書いた記事のワードで頻繁に検索

自分の書いた記事が検索でどれくらいの順位になっているかは、とても気になりますよね。

確認のために記事内のワードや、ブログ名そのものを検索して確認してしまうというのも初心者にはありがちなことです。

でもそれを行うと、検索による表示回数は多いのにクリック率は非常に低くなるので「せっかく僕(Google)が検索上位に表示してあげたのにクリックされないってことは価値のないサイト」と判断されることになります。

人気があって月間数万〜数十万PVがあるようなブログであれば、自分のアクセスや検索などは誤差程度に収まるでしょうが、数百PVなどの弱小ブログだと影響は避けられません。

アドセンスにも悪影響?

検索後に自分のサイトをクリックすれば、上記問題は起こりませんが、その場合アドセンスを無駄に表示してしまいます。

当然アドセンスにも表示回数に対するクリック率というのが設定されてますし、こればかりは表示後にクリックするわけにもいきませんので、やっぱりセルフ検索(という言葉が適切かどうかはわかりませんが)は控えるべきでしょう。

記事の細かい修正による更新頻度の多さ

これも初心者にはありがちですが、書いた記事を即公開してしまい、後になって誤字脱字・不足している内容を加筆修正するはめになるといったケースです。

1回2回の更新はやむを得ないでしょうが、僕などは何も考えずに投稿後の修正をやっていたためリビジョンが10以上になっていました。

プラグインGoogle XML Sitemapsを適切に設定しよう

もしプラグインのGoogle XML Sitemapsを使用されている場合は、設定の「Google にブログの更新を通知」と「Bingにブログの更新を通知」のチェックを外すようにしてください。

コレにチェックがついていると記事の加筆修正毎にGoogleに通知が送られるため、頻度が高ければスパム認定される可能性があります。

まとめ

よほどのことがなければペナルティを受けていわゆる「Google八分」になるようなことはないでしょうが、そもそも頻繁に自分でアクセスする行為自体がスパム的ですので、極力控えるべきです。

下手をするとブログを閉鎖してドメイン変更でブログ再構築をするしかない状態になることも考えられます。

僕はこれらのことに全く気づかず、ガンガンやりまくってましたので、その結果Googleの定期インデックス再構築時に評価を下げられたようです。

ブログを立ち上げる前にSEOに関する書籍をきちんと読んでおかなかったことが悔やまれます。

皆さんも「やってはいけないコト」をうっかりやってしまわないよう、気をつけてください。

コメント