WordPressにおすすめのサーバー「wpX」の設定

申し込みのイメージ写真 ブログ・アフィリエイト

以前の記事でも紹介したWordPressに最適化されたオススメの超高速レンタルサーバー「wpx」への申し込みを解説します。
(AD) wpXレンタルサーバー


まずはwpXの公式サイトにアクセスして申し込みを行います。

「お申し込み」から「お申し込みフォームへ」に移動し、「利用規約」と「個人情報の取り扱いについて」を確認し「同意する」をクリック。

「メールアドレスの登録」画面でメールアドレスを記入し、「確認メールを送信」をクリックします。

登録したメールアドレス宛にメールが送られてきますので、そのメール内の〈お申し込みURL〉をクリックします。

「サーバーID」検索画面に移動しますので、半角英数字3文字以上〜12文字以下のお好きな文字列をIDとして入力します。未使用のIDであれば次の画面に移動できます。

「会員情報登録フォーム」画面で必要事項を記入します。

  • パスワード
  • 名前&(カナ)
  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号

全て記入したら「登録」をクリックします。

すると登録済みのメールアドレス宛に、ログイン情報等の案内メールが送られてきます。

このメールには会員ID・登録メールアドレス・サーバーID・ログインパスワード・管理ツールのURLが記載されていますので、大切に保管しておきましょう。

あとは「管理パネルログインフォーム」のページへ移動し、ID又はメールアドレス・パスワードを入力してログインします。

独自ドメイン登録はWPXで同時に取らないほうがいい

ドメイン取得で簡単なのは、サーバーを借りたところで一括登録してしまうことです。

1ドメイン1年間無料サービス、なんてのもあります。

しかし、個人的にはお勧めしません。

なぜなら、ドメイン専門の会社と違って、更新時期をしつこく教えてくれたりしません。

つまり更新忘れの危険があります。

せっかく数年育てたブログも、ドメインを失効すればすべてがパーです。

サーバー会社ではなく、ドメイン会社からドメインは購入しましょう。

またSEOでは「日本語ドメイン」の優位性がブログ界隈で取り沙汰されていましたが、現在ではあまり関係ないようです。ざっくりメリット・デメリットを言うと

日本語ドメインのメリット

  • アドレスバーに直接日本語を打ち込める→検索し易い。
  • 当然覚え易く、インパクトがある

日本語ドメインのデメリット

  • Punycode表記では分かりづらい→どのサイトか分からない
  • URLが長くなりすぎる。被リンクされづらい。

一長一短ありますが、個人的にはブランディングサイトでもないかぎり日本語ドメインの必要はないかと思います。

wpXでドメインを取得するには、事前に会員登録しておく必要があります。

まず「管理パネル」ログイン後、左パネルの下の方にある「契約・会員情報の管理」をクリック。その後「追加のお申し込み」をクリックします。

「管理パネル」→「契約・会員情報の管理」→「追加のお申し込み」

「利用規約」と「個人情報の取り扱い」についての説明文が表示されるので、熟読後「同意」をクリック。

「新たにお申し込みいただくサービス」→「ドメインの新規取得」

ドメインの新規取得画面で、お望みのドメインを打ち込みます。

.comや.jpなどドメインによっては料金が大きく異なります。

また一部ドメインでは利用基準(例:法人であることなど)が存在する場合があります。

既に使われているドメインは使用できませんが、未使用のドメインであれば申し込む事ができます。

その後「決済関連」画面に移行します。

ここではドメイン契約料だけではなく、サーバーレンタル料も支払うことができます。

サーバーは3ヶ月契約からですが、ドメインは1年契約からです。

また一年後の契約満了期間前には、忘れずに更新の手続きをする必要があります。

決済希望の契約にチェックマークを入れて、支払い方法の選択に進みます。

料金の支払いはコンビニ・銀行振込・クレジットカードから選ぶ事ができます。好きな支払い方法を選択し、申し込みを完了させます。

コメント