じゃんけんに勝つ方法

ライフスタイル

中国の浙江大学の研究グループが「じゃんけん必勝法」を解明したことが話題になってます。

僕ははてブでこの記事を発見しましたが、Google検索してみると類似記事が多数出てます。

ついに科学は「じゃんけんで連勝できる方法」を解明した|WIRED.jp
中国の科学者らが、300人の学生に何度もじゃんけんをさせて彼らがどのような手を選ぶかを観察し、最も勝てる可能性の高い戦略を見つけ出した。

メジャーどころの情報ブログもこの件に関して記事を書いてるところが多数あって、実際「記事パクればコンテンツに困る事無いじゃん!」という現実が見えてきました。

そんな事でブログ界隈は大丈夫なのだろうか?

今回の研究グループの発表内容を観ましたが、なんだか内容が複雑すぎて分かりづらいです。

瞬時に次の手を繰り出していく「じゃんけん」という真剣勝負のさなかで、そんなにいろいろ考えられません、私バカなので。

コンテンツはオリジナリティが重要である!という理想を体現すべく、ここでわたくしTEN(@tensblog)流のじゃんけん攻略法をご紹介します。

先に言っておきますが、あくまで勝率が上がるだけで、確実に勝てる訳ではありません。

じゃんけんに勝つには、相手をアツくさせ、自分は冷静に

じゃんけんの最中には、誰しも「勝ちたい!」という強い欲求が生じます。

コレは勝ったときの報酬が大きければ大きいほど、負けたときのリスクが高ければ高いほど当然ながら高まります。

ただし自分は冷静でなければなりません。きちんと狙った手を出さないといけませんからね。

勝つ為の法則、負ける手をあえて出す

勝っても負けてもどうでもいいや〜、といった勝負ではこの方法は活きてきません。

人間は集中しアツくなってくると自分の手よりも相手の手を凝視します。

そして相手に勝てる手を出そうとします。

要するに

相手の出した「手」に勝てる「手」を、無意識のうちに次の「手」として選択しやすい

という事です。

具体的には相手が「チョキ」で自分が「パー」で負けた場合、次に同じ負けを繰り返したくないという恐怖から「グー」を出してしまう。という事です。

1

なので、勝つ為には

相手の出した「手」に負ける「手」を、意識的に次の「手」として選択する

という事が必要です。例えば「グー」であいこになった場合、次のターンで「チョキ」を出すんです。

2

実際にやってみると分かりますが、人間は相手の手に「勝つ手」は瞬時に判断して出す事が出来ますが、「負ける手」は出しづらいんです。

若干の訓練と慣れが必要でしょう。

勝ちに拘らない相手だと、50/50にしかならない

勝ちに拘っていない人間は、相手の「手」を見ません。

めんどくさいので。

そうすると同じ「手」を連続して出す事が多くなります。

「連続手」を出されるとこの攻略法では負けてしまいます。

その場合は通常の「相手に勝てる手」を選択する戦術に切り替え得ます。

まとめ

この戦術が活きるには

  • 勝ち負けのリスク・リターンの大きい緊張感のある勝負
  • 最低3回勝負以上の連続した勝負
  • 相手に考えさせず本能的に「手」を出させるスピーディな展開
  • 相手に負ける「手」を瞬時に判断して出す!!

が求められます。ちなみに「最初はグー」から始まる勝負は「チョキ」を出すと勝ちやすいという事になりますが、ほとんどの人が「最初はグー」に慣れすぎているので、次の「手」のバリエーションが多彩です。

なのでおそらく勝率としては微増ぐらいでしょうか。ただしこの戦略がカチッとハマれば5連勝以上でも簡単に出ます。

これが僕流の「じゃんけんに勝つ方法」です。皆さんもお試しあれ。

コメント