ニトリの電動リクライニングソファーを買ってみた。これは人間をダメにする悪魔の家具や・・・

インテリア

先日、温泉旅行に行ったのですが、旅館の部屋にニトリの電動リクライニングソファーが置いてありました。

おっ電動じゃん!と思いながら座ってみたのですが、これが最高に気持ち良いソファーで、温泉帰りにニトリに寄って衝動買いしてしまいました。

電動リクライニングソファー買おっかな?とお悩みの方に向けて、レビューをお届けします。

スポンサーリンク

ニトリの電動リクライニングソファーのここが凄い

僕が購入したのは二人掛け用のソファーです。

1人用や、ソファーの間にテーブルが付いたモデルもあります。

サイズ感としては大人二人が座ると一杯一杯です。夫婦や恋人同士なら問題ないですが、男2人だと圧迫感があります。

凄いその1:ソファーがふっかふか

電動ソファーだと、なんか機械的な感じで固めのソファーなのではと心配する人もいるでしょう。

そんな心配は無用です。座面も背もたれもふっかふかで柔らかいです。

高級ソファーの質感といっても差し支えないでしょう。

凄いその2:オットマンが気持ちいい

一日中仕事をしていると、足がむくんで辛いって人も多いでしょう。

ニトリの電動ソファーはオットマン(足置き)が自動で迫り上がってきますので、疲れた足を休めるのに持ってこいです。

テレビを見るときなんか、オットマンを上げた姿勢で見ると凄くラクチンです。

ちなみに角度は90°くらい持ち上がるので、申し分ありません。ベッドみたいになります。

凄いその3:座面が前にスライドする

ちょっと言葉で伝えるのが難しいのですが、上の写真のようにリクライニング時に座面が前にスライドします。

実はこれが地味に凄いんです。

美容室などで、シャンプーのためにリクライニングを倒したとき、お尻の位置がずれて座り直した経験はありませんか?

この構造のおかげで、リクライニングしたときでも背中とお尻が最適な位置にスライドするので、座り直す必要がありません。

この心地よさは、残念ながら一度座ってみないと分からないと思います。

凄いその4:場所を取らない

背面が倒れるリクライニングソファーだと、後ろのスペースが必要で壁付けできないから場所を取ると思っていませんか?

そんなことはありません。

先ほど言ったように、座面が前にスライドしますので、背面のスペースはそれほど必要じゃないんですね。

ウチの設置状況(上の写真)を見てもらえば分かりますが、けっこう壁面ギリギリに設置しています。

どんな感じでリクライニングするかは下のgif画像でご確認下さい。適当に作ったんで、見辛くてゴメンナサイ

じゃあ、不満点はないの?・・・ないです。

べた褒めだけど、ではニトリの電動リクライニングソファーに不満点はないのでしょうか?

考えてみましたが、今のところ見当たりません。

それくらい完成度が高いソファーです。

リクライニングの角度も、ほとんどベッドじゃん!ってくらい倒れますので、まさに安楽椅子です。映画見るときなんか最高。

また、思った以上に頑丈に作られていてます。

グラついたりすることもなく、安っぽさは全くありません。

リクライニングは手すり下のボタンで行います。

もちろん座ったままで操作できます。高級車のパワーシートみたいな感じですね。

購入時のポイント

ニトリの電動リクライニングソファーには、幾つかモデルがあります。

形状が若干違ったり、レザー生地だったり。

購入前に全モデルに座ってみたのですが、一番気持ちよくてしっくりきたのが、布張りのビリーバー3というモデルでした。

レザーだと夏場が暑かったり、手入れが大変だったりします。

なので僕のお薦めは断然ビリーバー3です。

1人掛けから3人掛けまでありますので、家族構成やスペースに見合ったモデルを選ぶことができます。

まとめ:これは人間をダメにするソファーや・・・

旅館で一度座っただけで購入を決意させてしまうほどのソファー、ほんと気持ちよくて動きたくなくなります。

まさに人をダメにする悪魔のソファーと言えるでしょう。

購入はニトリでどうぞ。

コメント