映画館でグリーン・インフェルノを観た直後に、いきなりステーキでレアステーキを喰うという男気ゲームを考えついたんだが。

映画
スポンサーリンク

映画「グリーン・インフェルノ」って?

凄惨な描写を撮らせたら右に出る者はいない、グロ・ゴア映画界の鬼才イーライ・ロス監督の「食人」映画です。

「キャビン・フィーバー」や「ホステル」など熱狂的なファンをもつ同監督が6年ぶりにメガホンを取った本作は、食人族をテーマにゾンビなど様々な作品へのオマージュが込められた愛すべき作品になっているとのこと。

「ホステル」シリーズでも人が拷問・惨殺されるだけじゃなく、テーブル上で生きたまま美味しく食べられる描写なんかもありました。

名作「食人族」のリメイクとも言える今作は、まさにイーライ・ロス監督の独壇場と言えますね。

イーライ監督の作品に多く見られる「軽そうな男女グループが突然巻き込まれた悲惨な状況に右往左往する」という様式美は、今回の作品でも踏襲されているようで、セスナ機事故によって未開のジャングル「グリーン・インフェルノ」に不時着した男女が原住民に取っ捕まり、一人ずつ食されていくようです。

映画『グリーン・インフェルノ』予告編

人体のいろんなパーツが食肉用に解体されていくらしいのですが、そのグロっぷりは凄まじく、イーライ監督の最高傑作じゃないか?という声も上がっているとのこと。

そんな期待のグロテスク映画「グリーン・インフェルノ」は、2015年11月28日から全国の映画館で「食肉開始」されます。

食肉を観たあと、食肉しようではないか!

多分、同作を視聴したあとは全く食欲がなくなるくらいゲッソリすると思うんですよね。軽く胃がムカムカするというか。

そんな極限状態において、あえて肉汁滴るレアステーキを食べようではないかというのが、この男気ゲームの趣旨です。

どうですかこの無謀なチャレンジ。未知なる挑戦への意欲が湧いてきませんか?

丁度、僕の活動エリアでもある福岡県筑紫野市イオンに11月25日「いきなりステーキ筑紫野店」がオープンするんです。

映画館で「グリーン・インフェルノ」を見終わったその足で「いきなりステーキ」に突撃、そのままレアステーキを平らげるというまさに男の中の男、いや、獣の中の獣を目指します。

さぁ、そこの男気に溢れたあなた!この無謀な挑戦に貴方も挑んでみてはいかがですか?当ブログではそんな命知らずの猛者たちを大募集しています。

そんな映画観たくないよ。普通においしい肉食べたいよという方は・・・

まぁ、ステーキ写真を見れば普通にステーキ食べたくなりますよね。「食人映画なんて観たくない!俺(私)は今すぐ普通のおいしいステーキを食べたいんだ」という方は、普通に肉を買って家で焼くなり、美味しいステーキ屋に向かうなりしてください。

ただし、一つだけ言っておきます。

スーパーの肉に美味しい肉は滅多にありません。これは値段とはあまり関係がありません。

というのも、大抵良質な牛の良質な部位というのは、有名焼肉店や精肉店に買い占められてしまうからです。

専門の精肉店ですら、それほど良い肉を取扱っていない場合さえあります。

どうすれば家庭で美味しいステーキ肉が食べられるのか?ひょっとして家庭で旨いステーキは無理なのか?

しかし、諦めてはいけない。肉の通販という手がある

なかなか手に入りづらい特上の牛肉ですが、通販なら話は別。A5ランクの特上和牛が自宅から購入できます。

柔らかさは牛の全部位の中でも最高を誇り、一頭から取れる割合はなんと全体のわずか3%。きめ細かいサシと甘い脂身が最高の稀少部位、最高級和牛のシャトーブリアンで超絶に旨い自宅ステーキを堪能してみてはいかがですか?

和牛通販専門店ミートマイチクでは但馬牛の霜降特選ロースや三田和牛のヒレステーキなど最高級部位がリーズナブルな価格で購入できます。

最高級和牛が安い。肉の通販専門店【ミートマイチク】

コメント