二日酔い対策はこれ!頭痛も防ぐ方法

ライフスタイル

ゴールデンウイークなどの連休中は普段にも増してお酒を飲む機会も増えると思います。

確かにお酒はおいしく私も大好きなんですが、何と言っても最悪なのが飲み過ぎた翌日の二日酔いです。

二日酔いになるほど飲まなければ良いだけなのですが、そんなコントロールが出来るくらいなら最初から二日酔いにはならないわけで・・・。

食事を採ってから飲む・牛乳を飲んでおくなど昔から言われている手法もありますが「いや、空きっ腹の1杯目のビールが美味いんじゃないか」と言われる御仁もいるでしょう。

全く同感です。そこでなんとか二日酔いに効く対策はないものかと調べてみました。ここでの採用基準は以下の2点。

  1. 前日の飲み会で浴びるように飲む。→飲んでいる最中や飲み会後に実行する必要がないもの
  2. 翌日は無理なく仕事に行ける程度に回復すること

飲み会の最中に対策が必要なものは現実的ではないでしょう。二日酔いのことなどすっかり忘れてそうですから。

また、翌日が休みだとゆっくり睡眠が取れますので回復も容易ですが、翌日仕事となると時間も少ないため、しっかりと効果がでる対策でないといけません。

吐き気がしつつ会社に行くなんて絶対にお断りです。

この基準でネット上を調べました。そしてついに良さそうな二日酔い対策を発見!「ハイチオールC」です。

Unknown

スポンサーリンク

 えっ、ハイチオールCって「しみ・ソバカス」に効くんじゃないの?

美顔効果は求めてないのですが、どうやらL-システインという成分が肝臓の解毒効果を助けるらしく、それが二日酔いの予防になるようです。

酒好きの間では有名な話らしい。肝臓をたすけることで

  • しみ・ソバカスなどの色素沈着
  • 二日酔い
  • 倦怠感
  • にきび・湿疹・じんましん・かぶれ

などに効果があるとのこと。倦怠感にも効果があるとはっ!なかなかすごい薬のようです。

ハイチオールCを実際に購入して試してみる

飲んだだけで二日酔いを予防できるなんて、そんな都合のいいモノがあるのか?

かなり疑心暗鬼ではあったものの、飲み会が翌日に控えているため、早速薬局コス○スでハイチオールCを購入。

店員さんに食いつかれ「Lシステインの含有量はこちらの方が上ウンヌン・・・グラムあたりの単価はこちらの方がウンヌン・・・」と専門知識でまくしたてられましたが、やはりネームバリューがあった方が何となく安心なので「ハイチオールCにしますっ!」と振り切って購入。

早速飲んでみる

8390830764_bdbd631f7e_b

二日酔い対策としての飲み方が今ひとつ不明なので、とりあえず飲み会の直前に3錠飲んでみました。

飲み始めて1時間、なんだかお酒の回りがいつもより遅いような気がします。

なんかガンガン飲めてしまうという感じでしょうか。

気にせずその後も2次会含め4〜5時間ほど飲酒。

家に帰ったときにはかなり朦朧とした状態でしたが、ほぼ無意識に数錠を追加摂取。そのまま就寝しました。

二日酔いにならず頭痛もない!すごいよハイチオールC。

翌日はいつも通りの時間に起きましたが、飲んだ量(ビール1リットル・ワインボトル1.5本)に対して、かなりすっきりとした寝覚めです。というか体がダルくない!これが効能の一つ「倦怠感」の防止か!?

結果、個人的にはかなり二日酔いに効くのではないかと思います。

メリット

二日酔いを予防できる(個人差があるでしょう)。倦怠感にも効果アリ。

デメリット

酔わないので、普段より飲んでしまう。普段飲みで服用すると、月々の飲み代が確実に増えそうです。

また、トータルの酒量が増えれば、その分体にも悪そう・・・。

結果的にはおすすめのハイチオールC

お酒の弱い人や、翌日の予定で絶対に二日酔いしたくない!ってときは飲んでおくといいでしょう。

いつも服用してると自分の飲酒許容量がわからなくなって、錠剤を飲み忘れたときに大変な二日酔いになりそうです。

お酒はホドホドに・・・。

コメント