オールドドメイン購入時のペナルティ済みドメイン比率は?

ブログ・アフィリエイト

 

最近本格的にアフィリエイトを実践する事にしたTENです。先輩アフィリエイターの皆様宜しくお願い致します。

さて、アフィリエイトと言えば自演リンク、自演リンクと言えばオールドドメイン(違う?)というわけで、オールドドメインを大量購入していく事にしました。

新規ドメインはアクセスされるまでに、1〜3ヶ月かかったりします。人生は短いのでそんなに待っていられません。

それに対してオールドドメインには「インデックスされやすい」「既に被リンクが付いている」「ページランクが高い」などの利点があり、良いオールドドメインを手に入れる事ができれば、サイト公開直後からアクセスを集める事が可能と言われています。

現在ではその効果は低くなってきたと言われるオールドドメインですが、やはりアクセスの初動が早いのは明らかな利点でしょう。

でも、オールドドメインの最大の欠点は、以前の所有者の運営の仕方によっては、ドメインがGoogleから「悪質なスパム」認定されている場合があるってことです。

スポンサーリンク

「悪質なスパム」(ペナルティを受けている)の判定方法

通常まっとうなブロガーであれば、ウェブマスターツールに登録して調べるのが定石ですが、そんな時間のかかる事はやってられません。

今回はGoogleの検索窓に

site:http://○○ドメイン名○○.○○

と打ち込んで、検索結果が出るかを試しました。

ぺナってるドメインだと、1個も検索結果がでないんですね。

「悪質なスパム」のオールドドメインは何割?

spam

まずはオールドドメインをとりあえず15個買って調べてみました。数カ月中には100個購入する予定です。

まず15個のドメインをテストサイトで運用し、上記の判定方法で確認しました。ちなみに記事数や内容はインデックスには関係ありません。行けるドメインはイケるし、行けないドメインは恐らく何をやってもイケません。

今回購入したドメインは全てページランク4。20から50くらいの被リンクが付いています。

そして結果は・・・

「悪質なスパム」ドメイン、15個中・・・4個!

おっ、多くないですか??

ドメイン1個750円くらいするんですけど。

合計で3000円を捨てちゃったってことですよね?!

中古ドメインの約27%が、PKD(ペナルティ食らったドメイン)

ということで、今回は約27%のドメインがペナルティ有りのドメインだったわけです。

今後もざっくり4分の1くらいは使えないドメインの可能性があるってことですね。

100個オールドドメインを取る為には、今後33.3個のPKDを覚悟する必要があるのか〜。

ドメイン代にして約2万5千円です。

バカになりませんね。

今後はこのオールドドメイン群を使った、量産ブログを構築する予定です。

進捗はこのブログで報告していきたいと思います。

コメント