【レビュー】賃貸住宅の壁に時計を掛けられる『壁美人』を使ってみた!

インテリア

借り物である賃貸住宅の場合、壁に額縁や掛け時計などを掛けたくても、壁にキズが入ってしまうので取り付けられないという悩みがありますよね。

僕の自宅も新築の賃貸住宅なので、壁にキズを付けないで時計を取り付ける方法がないか探していたところ、ピッタリの商品を発見しました。

スポンサーリンク

壁美人:掛け時計用フック

壁美人は賃貸の壁にもほとんどキズを付ける事なくフックなどを取り付けるアイテムです。

なんと液晶テレビを取り付ける為の土台も販売されています。そんなに重い物でも大丈夫なのか?恐るべし「壁美人」

今回はちょっと重ための掛け時計(重さ1kgくらい)を取り付けるため、掛け時計用の商品を購入しました。

IMG_0298

これがその商品です。

5センチほどの小さいフックですが、5kgまでの加重に耐えられるとの事。

取り付けにはホッチキスを使います。通常の針は鉄製で経年とともにサビなどが出ますので、付属のステンレス針(50本入り)を使用します。

ホッチキス本体は普通の物でかまいません。(180度開くタイプ)

個のフック1個に対して、6本のホッチキスを打ち込みます。

通常掛け時計を止める程度のネジを打ち込むと、それはそれはガッツリとした穴が空いてしまいます。

そうなると住宅の退去時には現状復帰のため補修が必要になってきます。

この壁美人ではどうでしょうか?試しに1本打ってみます。

IMG_0302

見やすいように白い壁で実験してみました。

僅かな穴が残りましたが、近づいてみないとほとんど分かりません。

それでは早速6本打ち込んでみましょう。

IMG_0304

こんな感じになります。

打ち込むときは右か左に15°〜30°ほど角度を付けて打ち込みます。

慣れるまで何本か失敗するかもしれませんが、専用針は50本あるのでまず問題ないでしょう。

試しに強く下に引っ張ってみましたが、びくともしません。かなり頑丈に取り付けられるようです。

一度外して壁のキズを見てみましょう。

IMG_0306

お分かり頂けるでしょうか?わずかにあとが残っています。

このキズもちょっと離れると全く分からなくなります。

ちなみに5kg以下の重さであればいろんな物が取り付けられます。エアコンのリモコンを取り付けてみました。

IMG_0305

今度は実際に掛け時計を取り付けてみます。

ちなみに取り付ける壁にもテストしてみましたが、細かい模様と凹凸のエンボス加工が施されているため、キズは全く見えませんでした。

IMG_0297

こんな感じに取り付けられます。壁に木目みたいな模様が入っていますが、木材ではありません。

いわゆる石膏ボードです。

ほとんどの一般家庭の壁は石膏ボードで出来ていますので問題ないですが、もし硬質のパネルを使っている場合はホッチキスが刺さりませんので注意してください。

購入前に一度ホッチキスが刺さるかどうか確認してみると安心です。

横から見るとこんな感じ。

IMG_0299

完璧に取り付ける事が出来ました。

部屋のインテリアをおしゃれにする為には、絵画などの額縁を取り付けるのが効果的です。

そんなときにもこの「壁美人」であれば賃貸の壁にほとんどキズを付ける事なく、部屋のコーディネイトが楽しめます。

あまりにも良い商品なので、追加で4個ほど注文してしまいました。いやー、これマジで良い商品ですよ!壁にフックを取り付けたい人はぜひ試してみてください。

 どんな時計を掛けるか考えるのも楽しみ

せっかく賃貸で壁掛け時計が飾れるようになったんですから、部屋のおしゃれも楽しみたいですよね。

人気の壁掛け時計を安く探すなら、やっぱりアマゾンが便利です。

私はよくアマゾンの星の数&レビューを見て商品を選ぶことにしています。

たくさんの時計の中から自分のお気に入りを見つけて、部屋の模様替えを楽しんじゃいましょう。

【Amazon公式】アマゾンで人気の壁掛け時計の一覧を見てみる

コメント