またしてもアクセス数激減!原因とその対処法(アルゴリズムに読み勝て!)

ブログ・アフィリエイト

 

開設から4ヶ月が経過したこのTENSBLOGだが、ここ最近は3ヶ月の壁を突破したようで着実にPVを上げてきていた。

しかし!先日のアップデート?で順位が大変動し、アクセス数が一気に5分の1へと落ち込んだ。

スポンサーリンク

NAMAZさん、大変動

スクリーンショット 2014-08-29 18.31.16

上の画像を見ていただきたい。

22日から始まったGoogleの順位大変動はこれまでに無いほどのグラフの伸びを見せている。ブラックなアフィリエイターは壊滅的打撃を受けたのではないだろうか。

ただ僕はこの変動を見ても我関せずで、全く気にしていなかった。

なぜなら特に自演リンクや重複などマイナスになるようなことは行っていなかったからだ。逆に「プラスに働くのでは?」と期待していたくらいだ。

大変動最終日に異変が。PV激減

スクリーンショット 2014-08-29 18.25.14大変動を乗り切ったと思ったのもつかの間、変動最終日にアクセスが大幅減少した。

ほとんど全てのキーワードで順位が落ちている。

こんなときはウェブマスターツールでペナルティの有無を確認するのがセオリーだが、画面に表示されるのは「新しいメッセージまたは新しい重大な問題はありません。」の文字。

この大変動の時期にはシステム設定や何らかのカスタマイズも弄ってないので全く心当たりがない。

始めは単純に低品質評価を受けたのだろうと考えた。

サイトの低品質評価の原因とは

低品質評価を受ける原因というのはいくつもあるだろうが、特に儲けに走って「広告」中心のページや、前者を含む内容の無いページ、独自性の無いページがあると低品質評価に繋がるかもしれない。

ようはユーザーにとってメリットがないページということだ。

メリットが無いページは書いた覚えが無いが、最後に書いた記事を読み直してみた。

そこで僕は驚愕の事実に直面した。

中身スッカスカやん

そのページというのが下記の画像だ。

このページは呪われているのでソッコーでゴミ箱行きに処した。まぁなんというか中身が無いと言うかコピペだろ、ってなページである。

スクリーンショット-2014-08-29-18.34.29

これはiPhoneの防水用グッズを紹介したページである。しかし内容といえば商品の公式サイトから

写真を転用

僅か1〜2行の文章(しかも公式に書いてある内容とほぼ同じ)

Amazonの広告

を繰り返しているだけである。しかも最後には怒濤の広告ラッシュである。

もはや広告だけのページと言っても言い過ぎではない。

お前どれだけ儲けたいんかと、儲ける為だけにブログやってるんとちゃうんかと自分自身を問い詰めたい。

Googleは人間ではない。ただのアルゴリズムだ。

この記事を見て僕は完全に確信した。

このページはGoogleのアルゴリズムに引っかかっていると。

実際このページは僕のブログで上位のキーワード「iPhone6」「防水」に乗っかる為に書いた記事ではあるが、実際ユーザーもiPhoneの防水に興味があるということだから、防水グッズを紹介すること自体は決してユーザーにマイナスになることではない。

人間の言い分としてはそうなのだが、問題は果たしてGoogleがこのページを見たときにどうなるかということだ。機械的に考えれば

100kバイトのJPEG

2バイト文字 × 50程度

広告!

となっているわけだ。

内部的には「ある程度のバイト数のある文字群を経ずに広告が連続した場合、低品質とみなす」というアルゴリズムに引っかかったと予想する。

実際にSEOでよく言われる「1記事の文字数は1000文字以上」というのはSEO対策としては眉ツバものである。

なぜならほんの僅かな記事量と画像・もしくはyoutubeのリンクなどでも内容によっては上位表示されるからである。

しかし複数の広告をページに貼る場合は、それ相応の文字数をレビューとして記載し、ユーザーへの利便性を上げる必要がある。

そういう意味で保険的に「1記事1000ページ」という暫定ラインが誕生したのではないだろうか。

結局、文字数 対 広告量

あるいは、文字数 対 引用文

などの対比において一定のボーダーラインが存在し、そのラインを超過するとアルゴリズムによって弾かれることになると考えられる。

もちろんあくまでも仮定の話であるし、そのボーダーラインもアップデートによって変動する為、どの辺りが安全かも未知数である。

結論。儲けに走るな

なぜ人はアクセス数を伸ばそうとするのか?独自の意見をより多くの人に向けて発信し、承認欲求を満たしたいという理由もあるだろう。

その場合オリジナリティが高まるのでSEO的にはプラスに働く。

しかし儲けオンリーに走るとどうなるか?専業アフィリエイターの方などのやり方は明確なので、それはそれで好感が持てる。

問題なのは僕のようなブログ初心者が、ちょっとPVが上がってきたもんだから色気を出して儲けようとする場合だ。

削除したページはこれまでに無いほどの広告数を掲載していた。そう、僕は儲かりたかったのだ。

ただ、今になってみて思うのは、アクセス数が伸びているときは本当に楽しかった。

ブログの醍醐味とはこの「みんなに読んでもらえる」ということなんだと痛感している。

それに比べれば、広告を貼りまくり多少儲かるなんてことは、完全否定はしないが決して僕の中では大切なことではなかったと気付かされた。

これからは、読んでいただいたユーザーにプラスになるような記事をしっかり書いていこうと思う。

んで、広告はほんのちょっとにします。グーグルさんごめんなさい。

コメント