オール・ユー・ニード・イズ・キルまとめ【トム・クルーズが福岡に!】

      2014/10/08

3-f249c

7月4日より全国ロードショーとなるトム・クルーズ主演映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の公開を記念して、この作品についてまとめてみました。

作品の概要はWikipediaより引用

近未来。地球は謎の侵略者「ギタイ」の度重なる襲撃により、壊滅状態に陥っていた。防衛軍は辛うじて彼らの侵略を食い止めていたが、敵の強大な戦力になす術も無く、戦死者は増える一方であった。対侵略者の決死の任務にあたっていたウィリアム・ケイジ少佐もまた、敵に何一つのダメージも与えられずに戦死してしまうものの、次の瞬間、彼は戦地に赴く前の時間に戻っていた。その後、何度か戦死し、また前の時間に戻ってしまう出来事が繰り返されるにつれ、ウィリアムは自分がタイムループに巻き込まれてしまっていることに気付く。やがて彼のもとに、自らも同じタイムループに巻き込まれているという特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキが現れる。彼女と戦うにつれ、ウィリアムの戦闘技術は徐々に向上していった。こうして二人は終わりの無い戦いを繰り返す中で、少しずつ敵を倒す糸口をつかんでいくのだが…

(追記)トム・クルーズ来日!東京・大阪・福岡に!

僕の地元である福岡にもトムがやってきました!現場のJR博多駅には凄い数の人が集まったようです。

111474

あ、危ないよトム・・・手すりに登っちゃ。

Twitterでも現地の人だかりが話題になっているようです。

スゲー人だかりだなしかし・・・。博多山笠かよ。
山笠ならぬ、「トムクルがおるけん、博多たいっ!」状態です。(博多の人しか分かんないでしょうけど)

スポンサーリンク

ハリウッド版「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

日本のライトノベルがハリウッド映画化されるという快挙も凄いですが、その主人公がトム・クルーズというのもこれまた凄い!

トム・クルーズ演じる主人公ウィリアム・ケイジ(原作では日本人兵士キリヤ・ケイジ)が地球外生命体と戦い→死亡→2日前に逆戻りを繰り返しながら、最強の兵士へと変貌していくというのが大筋です。

レインマンなど、ダメ男を演じさせたら右に出る者はいないトムが、戦場を何度も繰り返し徐々に男前な感じになっていくのでしょう。彼の演技力が見物です。

というか本当ハリウッドスターは表情作りが上手いですよね。顔で語るからセリフがいらないっていうか。それに比べ日本の役者さんは大根役者ばっかりです。もちろん上手い俳優も少数ながらいますが。役所広司さんとか。

作品公開前という事もあって、youtubeで出演者による解説動画も公開されています。
http://youtu.be/11VQwLk8VuU

ちょっと野暮ったい感じの機動スーツですが、デザインはバットマン・スーツを製作したピエール・ボハナ氏です。

劇中ではこのモッサリした感じのスーツが逆にいい感じを出すのでしょうか。

13121201_Edge_of_Tomorrow_02

時空を移動するため、移動した時代に同一人物がいる可能性のあるタイムトラベルと違い、タイムループ(リープ)は純粋に時間が巻き戻され、同じ時間を複数回経験する事になります。

最初の体験では太刀打ちできなかった問題や謎を、何回も同じ時間を体験する事により克服していくというプロットは、どこかコンピューターゲームを思わせます。

我々の世界では1度起こってしまった事は修正できず、人間の後悔も大抵の場合無意味なので、それを修正できる世界というのに不思議な魅力を感じてしまうんでしょうね。

類似のタイムループ作品

またタイムループ系の映画としては、愛する女性を死から救おうとする「バタフライ・エフェクト」や、僕的に超お勧めの「ミッション:8ミニッツ」など名作があります。

いずれの作品もタイム・ループを活用して徐々に問題を解決し、真相に近づいていくというスリラー的要素を持っています。

どちらもレビューは高い評価です。まだ見られていない人は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」と合わせて一度ご覧になる事をおすすめします。

マンガ版「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

0011

週刊ヤングジャンプで連載され、現在単行本2巻が発売されています。作画は「デス・ノート」でおなじみの小畑健。

こちらはハリウッド版と違い、かなり原作に忠実にストーリーが作られています。

機動スーツのデザインもライトノベル版の表紙に近いですね。

原作「All You Need Is Kill」

img_4

桜坂洋著のライトノベルです。昨年ハリウッド化決定のニュースが流れて、あわてて読んでみました。

異星人との戦闘によって主人公の適応力がどんどん上がっていき、終盤は化物じみた強さになるというオレ強えー系が大好きな人にはたまらない作品となっています。

また文章の未熟さも、タイムループ独特の世界観の見事さによって補われています。

しかし、しかしぃ!

ラストが微妙すぎる!!

原作もマンガも読んだ事のない人の為にネタバレはしませんが、これもうちょっと相応わしいエンディングにできたんじゃないの?と思います。

なんか無理矢理感が半端ないんですよね。この点だけがとても残念です。

作者は同じ日を自分だけ繰り返すという「孤独」感と、いずれ時代は移り変わるという「継承」を演出したかったのでしょう。

ただ、ハリウッド版は脚本が変更されていますので、原作より良いものになるだろうと期待しています。

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、7月4日、全国一斉公開!

 -マンガ・アニメ

ad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  •    
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。よろしければSNSでフォローをいただけると感謝です。
プロフィール
follow us in feedly

  関連記事

アニメ「妖怪ウォッチ」が見放題!Huluで8月16日より配信決定!

ポスト「ポケットモンスター」として爆発的な人気を誇る「妖怪ウォッチ」のテレビアニメ版が、Huluで8

おすすめ漫画の独自ランキングTOP50を紹介する

日本のお家芸ともいえるサブカルチャー『マンガ』。古くは田河水泡の「のらくろ」手塚治虫の「鉄腕アトム」

デザイナーなら絶対に観にいくべき『進撃の巨人展』について語らせてもらう!

行ってきました、大人気の『進撃の巨人展』に。 現在は映画の方も賛否両論で物議を醸し出していますが、さ

今さら聞けない『妖怪ウォッチ』のゲーム(妖怪ウォッチ2元祖/本家)や妖怪メダル、アニメについてまとめてみる

『妖怪ウォッチ』は福岡県に拠点を置くゲーム会社「レベルファイブ」が2013年7月11日に発売したニン

GANTZの奥浩哉が描く最新作「いぬやしき」が面白い!

エロ&グロ&ゴア表現満載の大ヒット漫画「GANTZ」の作者、奥浩哉氏の最新作「いぬやしき」の単行本1

漫☆画太郎氏、初の個展「漫☆個展」が気になって仕方ない

「珍遊記」など奇抜な画風で人気の漫☆画太郎氏の個展が、中野のpixiv Zingaroで開催されると

「妖怪ウォッチ」のLINEスタンプが配信開始に!

ども、TENです。 もはや無くてはならないソーシャルサービスとなった「LINE」と子供達に大人気の「

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

安い肉を使ったトンカツや唐揚げが劇的に旨くなる作り方。出し巻き卵もね

この前テレビでやってた内容を備忘録として記述しておく。 クソ安いクズ肉で作った料理が、高級食材を使っ

大久保加代子さんをギリいける感じのオバサマに修正してみた

ブス芸人として絶大なる人気を誇る大久保加代子さんを、Photoshopを使って「これぐらいならギリ喰

夏の汗対策を考えてみた

暑い日に外に出るとどうしても汗をかいてしまいますよね。僕は汗っかきな方なので、初夏でも30分も外にい

Macbookair用のノートパソコンスタンドを自作してみた

Macbook airは軽くて使いやすいPCですが、唯一の難点はモニターが小さいことです。 ブラウジ

九州で大寒波!寒波を乗り切る知識&グッズ

今週末(1月23〜25日)には約40年ぶりといわれるような大寒波が西日本に到来するようです。 九州に

  • WordPressテーマ「AMORE (TCD028)」 

    WordPressテーマ「CORE (TCD027)」 

    WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」