Hulu視聴時のデータ使用量は?デバイス毎のデータ量を徹底検証

映画や海外ドラマ・日テレ系ドラマが見放題のオンデマンド動画配信サービス『Hulu』。

いつでもどこでも見れるのがオンデマンド配信の魅力ですが、今回いろいろなデバイスごとに、その使い勝手や特徴を調べてみました。

これから入会してみようという方や、視聴用のデバイスを検討されている方などの参考になればと思います。

Huluの魅力。海外ドラマ・日テレ系ドラマ見放題!

約10,000本の映画やドラマなどの動画が月額利用料のみで見放題です。

特に人気の海外ドラマはかなり網羅されていますので、ドラマ好きの方にはもってこいのサービスです。

人気の「ゴシップガール」など海外ドラマが特に充実しています。

詳細はホームページで確認してください。今なら2週間無料で視聴できますよ。

また様々なデバイスで視聴用アプリが用意されていて、まさにいつでもどこでも続きから楽しめます。

この視聴用アプリはデバイスごとに使い勝手が異なります。今回は各デバイスでの使用感をレビューしてみます。

PCでHuluを使い倒す!

PCでの視聴は、ブラウザを介して行います。

特別なアプリは必要ありません。

PCの広い画面を利用したゆったりとしたレイアウトです。

ヘッダー部には話題の作品が表示されています。今なら日テレ「花咲舞が黙ってない」が注目ですね。

pc

回線速度に応じて画質を切り替える「自動」の他に、低・中・高・HDの中から解像度を選択できます。

バッファがグラフで表示されますので、バッファのメモリが低い場合は画質を落とす事で視聴中断をさけることができます。

PC視聴

PCの場合はWiFiか有線でネット接続する事になると思いますので、データ量に関しては気にする事は無いでしょう。

写真のようにテレビでの視聴と遜色なく、日テレ系ドラマ・海外ドラマが見放題で楽しめます。

iPhoneでHuluを使い倒す!

メニュー画面

メニュー画面はiTunesに近い縦型のレイアウトになります。

iPhoneメニュー

海外ドラマ・映画などのジャンル毎のカテゴリー分けが無く、デフォルトでは人気順に並んでいます。

正直とても使いづらいメニュー画面です。

いろいろな映画を検索して視聴するというより、PCなどで途中まで見ていた映画の続きを見る程度の使い方しかできないでしょう。

データ量は?何本くらいドラマが見れるか?

iPhoneの場合は画面の解像度の設定がありません。

そのときの最適画質が自動で選択されます。LTE接続だと自動的に高解像度になります。

iPhone再生

この場合45分の海外ドラマ1本視聴で400MB〜500MBほどになり、1日に2本見ると恐怖の1GB制限を食らいます。

iPhoneで視聴する場合はWiFi接続か、設定でLTEを切って3Gで閲覧しましょう。

AndroidでHuluを使い倒す!

ソニーXPERIA Zでの検証になります。メニュー画面はほとんどPCと同じです。

とても見やすいレイアウトで映画やドラマを検索できます。

アンドロイドメニュー

再生画面での解像度設定も行えます。低・中・高から選択できますが、PCの解像度とは異なるようです(スマホの方が粗い)

アンドロイド再生

データ量は?何本くらいドラマが見れるか?

LTE接続時、デフォルトの「高」設定時の計測ですが、45分の海外ドラマを2本見て277MBでした。

1本あたり140MB弱ですので、かなりの本数が視聴できます。

3日で1GB、1ヶ月7GBの各キャリアのダウンロード制限も、それほど気にする必要は無いでしょう。

データ量

iPadで動画を見まくる!

画面はタブレットオリジナルのものになります。右にスワイプすることでメニュー画面を呼び出す事もできます。

iPadメニュー

ジャンル毎の画面や、視聴中作品の画面なども使いやすく、PCよりも高機能です。スワイプで視聴作品を切り替えれるので、大変便利です。

iPadジャンル

データ量は?何本くらいドラマが見れるか?

PCやタブレットでの視聴は基本的に解像度が高めになります。

設定で「低」を選択していても、ドラマ1本あたり400MB程度になります。

WiFI接続での視聴がメインになるでしょう。

AndroidタブレットでHuluを使い倒す!

僕はkindle fire HDしか持っていませんので、そちらでの検証となります。

画面自体はiPadと変わりません。ただしっ!kindle fire HDは

むっちゃくちゃ音が良い!!

これは聴いてみないとわからないことですが、少なくともMacBook Airよりかは遥かにデカい音&高音質です。

iPadとは比べるまでもありません。

OSやアプリがAmazon独自でちょっとクセのあるkindleですが、エンタメ系コンテンツの消費となると、コイツにかなうやつは今のところいないでしょう。

まとめ

外出先で閲覧ということであれば、データ量からいってアンドロイドのスマホ一択となります。

iPhoneだと映画1本で1GBを超えそうです。

家で気軽に視聴するなら断然kindleFire HD&HDXです。迫力が全然違います。

Apple信者の皆さん(僕もそうですが)には残念ですが、HuluとApple製品の相性は決して良くありません。

アプリの改善をお願いしたいくらいです。

せめてAndroidと同等になればなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です