iPhone6で格安SIMを使ってみた

飛ぶ鳥を落とす勢いで利用者が拡大している各社のMVNO。

僕の家庭でも携帯料金を削減するためにMVNOを利用することにしました。

劇的に携帯代が安くなるとの触れ込みですが、本当なのでしょうか??

DMMモバイルでMVNOを契約

NVMOの会社はDMMモバイルを選択。現在1GBのデータプランだと月額で最安値の660円となっています。安い!

またMVNEがIIJであり機能的にもIIJmioと遜色ないとの評判も好評価。契約データ分を使い切った後の低速通信時でも、少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」も便利です。

それらメリットとお値段を加味して、DMMに決定しました。

Docomo版のiPhone6を購入

IMG_0677

現在、iPhoneを新しく購入してMVNOを使う手段としては、

1)フリーSIMのiPhoneを買う

2)Docomo版のiPhoneを買う

の2つが主な選択肢ですが、フリーSIMの最大のメリットは旅行などで海外に行った際に、現地のSIMをレンタルして自分のiPhoneを継続利用できることです。

SIMフリー版とdocomo版では、本体価格に約2万円の差があります。もし海外で使う予定があるのであれば、ちょっと高くなってもSIMフリー版を買うのが後々を考えるといいかもしれません。

しかし我が家では当分海外旅行に行く予定はないので、docomoのiPhoneを購入することにしました。日本国内のMVNOは、ほとんどdocomo回線を使用しているため、問題ありません。

IMG_0680

本体はアマゾンで一括購入しました。何の変哲もないシルバーのiPhone6です。

現在は16GBのiPhone6が、63,800円ほどで販売されています。

ちなみに僕は同じものを72,000円で購入しました。

クソッ!価格一気に下がりすぎやろ(涙)

nanoSIMをiPhone6に装着!

IMG_0685

DMMモバイルと契約後、1週間程度でSIMが届きました。もっと早く届くと思いましたが、以外と時間がかかります。お急ぎの方は到着日など考慮に入れて検討した方がいいかもしれません。アマゾンみたいに1〜2日で着くといいんですけどね。

届いたSIMは写真のようなペラッペラの包みに入ってました。説明書も薄い冊子が1枚入っているだけです。

IMG_0686

シム自体は、写真のようにカード一体型になっており、パキッと折って取り出します。ここで失敗する人はいなでしょうね。

nanoSIMを挿入

IMG_0687

次に、iPhoneにnanoSIMを取り付けます。思った以上に小さいので、紛失しないように気を付けましょう。僕は1回床に落として、ちょっとだけ慌てましたので。

IMG_0688

このように挿入します。上下裏表に注意しましょう。まぁ切り込みが入ってますので、間違える人はいないと思いますが。

それにしても本当に小さいです。

iPhone6でMVNOの設定をする

SIMを挿入したら、iPhoneを立ち上げて設定を行ないます。設定方法は付属の冊子に記載されていますので、よく読んで設定しましょう。

IMG_0690

電源を入れます。

設定は以上です。

設定は、以上です。

そうなんです。なんか本体のプロファイルやら何やらの設定が必要かと思ったのですが、左上に「docomo」とキャリア名が表示され、すぐに使えるようになりました。これなら設定でつまずく人はいないと思います。

後は自宅のWi-Fi設定をして完了となりました。もしコレがSIMフリー版、いわゆる白ロムだったら設定があれこれあるのかもしれません。docomo版だと設定は超簡単ですね。

さて、DMMモバイルのMVNOですが、一体月額使用料はどの程度になるのでしょうか!?

DMMモバイルで携帯代がどれくらい安くなるか試算した記事もありますので、ご一読頂ければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です