WordPress記事をTwitter・Facebookに自動投稿する方法

ブログのSEO対策では、TwitterやfacebookなどSNSとの連携が欠かせません。

新しい記事を投稿した際に、SNSでお知らせしておけば記事の拡散効果が期待できます。

しかし毎回投稿のたびにツイートしたりするのは、かなり面倒です。

そこで記事をSNSに自動投稿してくれるサービスを探したのですが、バッチリなサービスを発見しました!

SNSを自動化するすごいやつ!「IFTTT」

1ジョイン

TwitterやFacebookだけでなく、DropBoxやEvernoteなどのクラウド、iPhoneアプリなどを互いに連動させる事が出来るウェブサービスが「IFTTT」です。

if this then that もし〜なら〜する という命令セット「レシピ」を作成し、いろんな機能を実現する事が出来ます。

例えばiPhoneで撮った写真を自動でDropBoxに送信したりする事が出来ます。

IFTTTを使う事で、新規投稿をTwitterやFacebookに反映させることができます。

それではレッツトライ!

IFTTTを導入してみる

アカウントの作成

まずはIFTTTのサイトにアクセスしてアカウントを作成します。

Join IFTTT

任意の「名前」と「Eメールアドレス」「パスワード」を設定してアカウントを作成します。

2入力

アカウントを作成したら、デフォルトの「レシピ」画面が表示されますがとりあえず「USE」をクリックしておきましょう。

この「レシピ」と呼ばれるものを設定する事で、いろんな機能を実現する事が出来ます。

レシピは既に様々なものが登録されています。またレシピは自分で作成・カスタマイズすることもできます。

3use

 オリジナルレシピの作成

それでは早速オリジナルレシピを作ってみます。今回は

もし WordPressに新規投稿 したら Twitterにつぶやく

というレシピを作ります。メニューの「create」をクリックします。

4メニュー

WordPressに新規投稿したら〜 「This」の部分を作成

「This」をクリックすると、各種サービスのアイコン一覧が表示されます。

5クリエイト

WordPressのアイコンを選択します。

アプリ選択

WordPress用のアカウントID&パスワードを入力しアクティベートします。

6アクティベート

コンティニューで次のステップに進みます。

7コンティニュー

WordPressのトリガーを選択します。トリガーとは、どんな条件があれば命令が発動するかを決める「引き金」のことです。

今回は左の「Any new post」を選びます。右側はタグやカテゴリによってトリガー条件を変えたいときに使います。

8トリガーの選択

これで「This」の部分は完成しました。

 Twitterにつぶやく 「That」の部分を作成

次にTwitterにつぶやく機能を設定します。「That」をクリックします。

9Then

アイコン一覧からツイッターアイコンを選択します。

アプリ選択2

次にアクションを選択します。左上の「Post a tweet」を選択します。

10トリガー選択

記事タイトルをツイートする「Post Title」の状態ですので、アクションを追加します。

11トリガーアクション

記事タイトルとあわせてURLもtweetしたいので「PostUrl」を追加します。

12他のアクション

完成です。これで、「もしワードプレスに新規投稿があったら、ツイートする」レシピが完成しました。

13クリエイトレシピ

facebookも連携させてみる

TwitterからFacebookに連携させるツイッター上の設定もありますが、今回は使用しません。

なぜなら個人用のアカウントに連携されてしまうからです。

ショップ等を経営するために個人用ではなく、ショップ用ページを利用している場合は、facebookに反映されません。

なので今回はIFTTTの「facebook」ではなく「facebook pages」を利用します。

14

あとはTwitterを設定したときと基本的に同じですので、問題なく設定できると思います。

これでブログを投稿したときに、TwitterとFacebookに自動投稿出来るようになりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です