『ホーンテッド・キャンパス』読んだんだが、これは・・・

 

先日書店にて平積みされていた『ホーンテッド・キャンパス』という本を購入し、読んでみた。

僕は昔からホラー小説が好きで、特に日本ホラー小説大賞に選出された作品は読んでみることにしている。

貴志祐介の『黒い家』や恒川光太郎の『夜市』など心を揺さぶる良質なホラーが登場することを毎年期待しているわけだ。

そのような想いから第19回に日本ホラー大賞読者賞を受賞した『ホーンテッド・キャンパス』を購入してみたのだが、正直に言ってなぜこの作品が日本ホラー小説大賞に入選を果たしたか全く分からなかった。

この作品の表紙にはアニメ系の登場人物が描かれており、ぱっと見はライトノベルのようだ。

多少不安にはなったものの、表紙で作品の価値は決まらないし、ホラー小説の受賞作品だという安心感もあり、何より同じように隣に平積みされていた『黒い家』の表紙が過去の良質な読書体験を連想させ、購入に踏み切ったわけだ。

これはライトノベルなのでは?

僕はガチガチの文学作品が好きなわけでもないし、ホラー好きということからも分かるように読書にそれほど崇高な目的意識を持っているわけでもない。

お手軽に読めるライトノベルも嫌いではないし、そもそもライトノベルの線引きも曖昧なものだ。

しかしこの作品の読み味は完全にライトノベルだ。いや一般的なライトノベルから低俗&笑いのエッセンスを排除しているためかなりどっちつかずの印象を受ける。

主人公達は大学のオカルト研究会に所属しており、学生の身に起こる様々な怪奇現象を短編方式で解決していくというのがストーリーの骨子だ。

怖いかと言えば全く怖くはない。主人公に感情移入できるかと言えばそんなことも無い。

一言で言えば『アニメ化狙ってない?」という感じのゆるふわ系オカルト物である。

主人公は霊感が強いが、特段霊に対して対抗策を持っているわけでもなく、その主人公の片思いのヒロインにしても特徴も存在感も無い。積極的になれない若者のほろ苦いキャンパス・ライフが描かれる。

その他の登場人物にしても、まあよくアニメにいるタイプの取り巻きと言った感じだ。

日本ホラー小説大賞の目的が見えてこない

実際『ホーンテッド・キャンパス』は面白くないかといえば、そんなことはない。

軽めのテイストでサラッと読める安定した作品だ。しかし、考えてみてほしい。僕は日本ホラー小説大賞の作品が読みたかったのだ。

こんなサラッとしたプチ恋愛小説が読みたかったわけではない。

秋の夜長に背筋にひんやりとしたものを感じながら、それでもページを進める手が止まらない、そんな体験が欲しかったのだ。

確かに大賞ではなく受賞したのは「読者賞」というちょっと?な感じの賞ではある。

しかし曲がりなりにも日本ホラー小説大賞出展作品である以上、「大賞」や「佳作」と同様の基準(というか方向性)に基づいてほしかったというのが本音である。

「読者賞」は選考委員の意見は反映されず、一般から選ばれたモニター委員の選考で決まるとのことだが、モニター委員の好みが従来のホラー小説大賞とかけ離れ過ぎではないか?

皆さんはこんなゆるふわ作品をホラー小説大賞に求めているのか?

いつ大どんでん返し(要するに受賞作らしい読みどころ)が来るか期待して読み進めてみたが、結局最後まで何もなしで読み終わってしまった。

なんだか肩すかしを食らった感が否めない微妙な作品である。

一体日本ホラー小説大賞はどこへ向かおうとしているのだろう。とりあえず、アニメチックな表紙の書籍は絶対チョイスしないと堅く誓った次第である。

追記

よくよく調べてみるとこのシリーズ、なんと現在6巻まで発売されている人気シリーズとなっている。

しかもどちらかといえばキャラクター達のビジュアル画像の方が作品自体より目立っている。これは完全に僕のチョイスミスだな・・・。

2013-10-19-612928

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です