iPhone6はNFCや防水機能、超高速Wi-Fiなど新機能を搭載して発売か?!

発売日が迫ってきていると噂されるiPhone6。

これまでリークされた新機能、発売日、価格などの様々な情報をまとめてみた。

iPhone 6のデザイン

サイズ

iPhone6は4.7インチと5.5インチの2種類のモデルが展開されるといわれている。

現行のiPhone5sに比べると相当大きいサイズとなるようだ。特に5.5インチモデルはiPad miniの半分程度の大きさで、携帯電話としてはかなり大きな部類にはいる。

スマートフォンとタブレットの中間のファブレットに位置づけられる製品だ。

デザイン

デザインはiPhone5シリーズに比べ、かなり丸みを帯びている。

iPhone3シリーズのラウンドしたデザインを思わせる柔らかいデザインだ。

iPhone5sとiPhone5cの中間のような、女性的な印象を受ける。

モックアップの動画がyoutubeに上がっているので記載しておく。

iPhone6の新機能

iPhone6には様々な新機能が搭載されると予想されている。現在リークされている新機能について個別に紹介していこう。

NFC(おサイフケータイ)

フランスのニュースサイトNowhereelesからiPhone6のものと思われるプリント基板の画像が流出している。

以前リークされたiPhone6の背面パネル画像と今回の基盤のネジ穴の位置が一致しているため、信憑性の高い情報との事。

iPhone6基盤

iPhone6基盤

iPhone6背面ケース

iPhone6背面ケース

参照元:Nowhereelse.frMacRumors

NFCとはソニーとフィリップスが共同開発した「近距離無線通信技術」で国際標準規格として承認されている。

この近距離無線通信技術を使って、POS端末や駅の改札などで無接触で決済をおこなうのがいわゆる「おサイフケータイ」だ。

この機能が搭載されれば、カードを挟み込めるiPhoneケースを買ってSuicaを利用するなどの手間が省けるわけだ。

超高速Wi-Fi規格「802.11ac」

また上記の基盤写真には、現行のMac製品に搭載されている高速Wi-Fi802.11ac規格のチップを見る事が出来る。

この規格に対応した無線LAN機器を用いれば、家庭でも1.3Gbpsという高速で通信を行う事が出来る。

Appleの公式サイトではMacBook Airのページで802.11acのスピード比較が公表されている。

wifi

防水機能

先日開催されたWWDCでは新しいデベロッパーズ・キットとして「Health」が発表されている。

これは体重管理・心拍数・血圧測などユーザーの身体情報をアプリで計測するためのものだ。

スポーツやヘルスの分野にも力を入れているiPhoneだが、今まではランニングなどのレコーディングに使用する場合は汗で水没しないように専用のケースなどに入れる必要があった。

iOS8、OSX Yosemiteなどが発表!「WWDC2014」まとめ(iOS8篇)

「Health」の発表により、iPhone6はより体と密着した用途も視野に入れなければならない。

そうなると必然的にある程度の防水機能は不可欠となる。

これらの機能は最新のGyalaxyやXperiaには既に搭載されている機能なので、Appleとしても早めに実現したいところだろう。

サファイアガラスのディスプレイ

iPhone現行機に採用されているゴリラガラスより更に強度があり、傷がつきにくいと言われているサファイアガラスがiPhone6で採用されるようだ。

その硬度はダイアモンドにも迫るというから驚きだ。

今まではiPhoneを購入すれば保護フィルムもセットで買うのが常識だったが、今後はフィルムで保護する必要が無くなるかもしれない。

その強度を紹介したリーク動画がEMSOneにより公開されているので確認してみてほしい。

参照元:EMSOne

iPhoneのスペック

搭載されるチップは現行iPhone5やiPadに搭載されているA7の後継であるA8チップが搭載されると噂されている。

A7デュアルコア(28ナノメートル)からA8クアッドコア(20ナノメートル)へとシュリンクされ、コア数も倍となっているので、周波数が同等であれば、マルチコアに最適化されたアプリで2倍近くの性能を発揮するだろう。

iPhone6の発売日・価格は?

Appleのこれまでの発売サイクルから考えると、そろそろ発売が近いのではないかと様々なメディアが予測している。

特にアメリカのホリデーシーズン前には発表する必要があるで、9月〜10月ではないかと見ているアナリストも多い。

発売日

Business Insiderによると、iPhone6の発売日は9月12日(金)と見ている。

また米国9to5Macによると9月の第2週か第3週に開催されるイベントでiPhone6が発表される予定だとしている。

ただし、新機能を多数盛り込んだiPhone6は部品供給の問題等で必要数を準備できないかもしれず、その場合発売が先延ばしになる可能性もあるだろう。

参照元:9to5MacBusiness Insider

※追記

発売日に関する情報が、ハフィントン・ポストやロイターなど多数のメディアサイトで伝えられている。また搭載機能に関しても信憑性の高い情報がリークされている。

iPhone6の発売日は9月に決定か?NFCやWi-Fiなど新機能やスペック情報もリーク(最新記事:2014.08.10執筆)

価格は?

iPhone6は部品の関係上、現行機より高額な値段設定になるようだ。

ただし現状では正確な情報は出回っていない。

これまでのAppleの値付け傾向から考えると、戦略的な価格(比較的安価)ではまず販売しないだろうと思われる。

Amazonでは米国版SIMフリーのiPhone6が登場し、すでに予約受付が行われている。

このモデルはカラーがシルバー・Black・ゴールドの3色。

入荷予定日はブラックの64GBモデルが9月20日予定、それ以外については9月30日予定となっている。価格は16GB版が119,999円、32GBが129,999円、64GBが139,999円と非常に高額だ。

まとめ

これらリークされた情報は、発売日が近い事もあり、かなり信憑性が高いものと考えられる。

docomo、au、ソフトバンクの携帯各社も当然同時期に取り扱いを開始するだろう。

かなり高額になると見られるiPhone6ゆえに、各社の契約プランによってはお得感がかなり異なるかもしれない。

しっかり見極めて、リーズナブルに購入したいものだ。

iPhone6専用ケースも各社から発売開始

発売が迫ったiPhone6だが、各社から専用ケースの予約が開始されている。

発売前に各社ケースを吟味しておくと良いかもしれない。

追記※2016.08.27

slide_345135_3940781_compressed

どうやらiPhone6は9月10日の新製品発表会でお披露目となり、9月19日発売の線が濃厚なようだ。

以前ドイツ最大の通信会社であるドイツテレコムから漏れた情報とも一致しており、信憑性は高い。

通信会社はインフラ整備の関係上、かなり早い段階で発売日情報を知り得るとのことなので、おそらく間違いないのではなかろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です