フロムソフトウェアが新作「Bloodborne」を発表!【マゾゲーマーに捧ぐ】

開幕中のE3 2014でフロム・ソフトウェアがPS4向けの新作タイトル「Bloodborne(ブラッドボーン)」を発表しました。

Bloodborneとは

ディレクターは宮崎英高氏!

新作のディレクターは「デモンズソウル」や「ダークソウル」を手がけ、現在フロムの社長に就任したばかりの宮崎英高氏

油断すると簡単に死んでしまうという超硬派な作りがコアユーザーに大絶賛されました。

発表時のインタビューでは、ディレクター業と社長業どちらか優先するのであれば、社長業をサボると言われたそうです。

宮崎氏がディレクターという事は社運を賭けたかなり期待できるゲームに仕上がるんじゃないでしょうか。

PS3用の最新作「ダークソウル2」では渋谷知広氏がディレクターを勤めてましたが、おろらく宮崎氏はPS4の新作に集中する為に「ダークソウル2」のディレクターではなかったのでしょう!

ダークな世界観は健在

Bloodborneの世界観もまたダーク極まりないようです。

4Gamersでその世界観について掲載されています。

プレイヤーは,病の蔓延する中世の古都「Yharnam」を舞台に,迫り来る危険や死の恐怖と戦いながら,生き残りをかけてその原因を探求することになる。
プレイヤーの装備としては,形を変えられる“ナタ”のようなもののほか,銃も登場する。“隠された謎”を守る敵達との戦いは,戦術的なものになるとのことだ。

また該当ページでは、アートワークや高解像度のスクリーンショットも公開されています。

024

主人公は左手に銃を持ち、右手に変形するのこぎり型の鎌のような武器を持って、荒廃した近代の都市を探索するようです。まるでヴァン・ヘルシングのような出で立ちですね。

今回もまた、ソウルシリーズのように心が折れるほどの困難と達成感に満ちたゲームになるのでしょうか?

僕の中では完全にPS4のキラータイトルに認定されております。

シリーズファンとしては目が離せません!

youtubeにてトレイラーも公開されていますよ。

ぜひ一度ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です